馬券の利益を恒常的に得ていなければ雑所得と認められず、ハズレ馬券を経費にすることは出来ません。

雑所得とは

 

電卓とお金の計算をする手

雑所得は所得税法において他の9項目に分類されない課税区分です。
所得税の課税区分は雑所得を入れて以下の10種類があります。

 

  • 一時所得
  • 給与所得
  • 事業所得
  • 不動産所得
  • 退職所得
  • 利子所得
  • 配当所得
  • 山林所得
  • 譲渡所得
  • 一時所得
  • 雑所得

 

雑所得で得た利益は総合課税に合算されて総所得収入へ集約されます。

 

年間20万円の控除枠があり、給与所得者であれば20万円以下の雑所得であれば確定申告は不要です。

 

雑所得に分類される主な例

 

  • 公的年金等(遺族年金や障害年金は非課税)
  • アフィリエイト収入
  • ネットオークションの売金(生活に使っていたものは非課税)
  • 著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料や放送謝金など
  • FX、先物取引、CFDなどの利益
  • 外貨貯金などの為替差益
  • 仮想通貨売買の利益
  • 生命保険による定期年金
  • 非営業用貸金の利子
  • 税務署からの還付加算金
  • 競馬の利益(恒常的に所得を得ている場合)

 

雑所得の一部項目では、控除枠や税率の特別ルールがあります。
公的年金の場合は控除枠を独自の設定額と計算式が用意されています。
FX、先物などの投資商品は申告分離課税として一律の税率が適用されます。

 

競馬の利益は特別ルールの適用はなく総合課税として、総所得に対して住民税と所得税の税率が変わります。

 

雑所得の計算方法

 

雑所得の計算方法は以下のとおりです。

 

  1. 公的年金等の収入金額 - 公的年金等控除額
  2. 公的年金等以外の収入金額 - 必要経費

 

競馬の利益でポイントになるのは収入金額から必要経費を差し引かれることです。

 

トップページで紹介しているとおり、競馬において雑所得に分類されればハズレ馬券を経費にできます。
当たり前のことのように感じますが、恒常的に所得を得ていると認められなければ一時所得に分類され、ハズレ馬券は経費として認められません。

 

なお、雑所得で認められる必要経費は事業所得とは違い、制限が多くて間接的にかかった費用は認められません。
事業所得の場合は、接待時の飲食代や移動にかかった交通費も経費計上できますが、雑所得の場合は認められません。
競馬においては雑所得の経費で認められるのはハズレ馬券のみです。

 

はずれ馬券の扱い

 

また雑所得は損益通算できないので、前年に損失を出していても反映されません。

 

恒常的とは?

 

競馬の勝ち金が雑所得になるのは、「恒常的に所得を得ている場合」です。
恒常的(こうじょうてき)とは、状態が一定であるさまを意味する表現です。

 

もともと競馬裁判ではコンピューターでデータ分析をもとに継続的に利益を出している場合に雑所得として認められ、その後コンピューターを使わなくても恒常的という条件で認められるようになりました。
競馬で毎月同じ利益を出し続けるのは難しいですが、最低条件として継続的に馬券を買っていることが条件、そして馬券購入費用が概ね安定していることが望ましいです。

 

たとえば毎年有馬記念だけ馬券を買っている場合は、直近数年で勝ち続けていても雑所得として認められるのは困難です。
月単位で損失を出していても継続して馬券を買っていれば雑所得として認められる可能性はあります。
具体的な線引きはなく、雑所得として認められるかは税務署の裁量の要素が大きいです。