雑所得、一時所得問わず、申告書AとBに競馬で得た利益を記載すればOKです。

どのように申告するのか

 

勝ち金は雑所得一時所得の2つのパターンがありますが、基本的に申告方法は共通です。

 

前年の1月1日から12月31日までに得た利益を3月15日までに管轄の税務署に確定申告書類の提出を行います。

 

確定申告の書類と電卓

 

法人や個人事業主の青色申告による事業所得の税申告は帳簿を付けて、複式簿記を作成する必要がありますが、一時所得と雑所得は不要です。

 

基本的には、確定申告書の一時所得または雑所得の欄に適切な金額を記載して申告すればOKで添付書類を出す必要はありません。
ただし、利益の大きい場合は税務署が調査をして、聞き取りをしにくるケースもあります。

 

ネット投票の履歴などで、いくら馬券を買っていくらの払い戻し金を受け取ったか証明できる書類やネットの管理画面を手元に用意しておくと良いでしょう。

 

 

確定申告書の種類

 

・申告書A
給与所得、公的年金、雑所得、配当所得、一時所得給与所得を申告する基本フォーマット

 

・申告書B
申告書Aに加えて、不動産所得や事業所得をはじめ、全ての所得の種類使えるもの

 

・申告書第三表
株や土地、建物の譲渡など分離課税に該当するものがあるときに申告書Bに加えて使用する書類

 

・支払調書、その他証明書類など
主に源泉徴収を払っている収入に添付する必要がある

 

 

競馬の場合は雑所得、一時所得問わず、分離課税や源泉徴収の前払いに該当しないため、申告書AとBに競馬で得た利益を記載すればOKです。
雑所得はハズレ馬券を経費にできて、一時所得は利益の50%が課税対象になるなど税金および申告利益の計算方法は異なります。

 

雑所得の詳細はコチラ⇒雑所得とは
一時所得の詳細はコチラ⇒一時所得とは

 

 

申告書類の入手場所と提出方法

 

確定申告に必要な書類は税務署で書類を受け取る方法とインターネットからフォーマットをダウンロードして印刷する方法があります。
また、e-TAXを利用して書面ではなく電子データのみで手続きすることもできます。

 

毎年2月16日~3月15日までの確定申告期間中に税務署に行けば、書類をもらってスタッフのサポートの元で書類を作成して提出まで行うこともできます。
確定申告の提出方法は以下の4つの方法があります。

 

  • 税務署にいって確定申告書類を作成して提出する
  • ネットか税務署で事前に書類を手に入れて、書類を作成して税務署で提出のみ行う(郵送も可)
  • e-TAXを利用する
  • 税理士に確定申告手続きの代行を依頼する

 

地域にもよりますが、確定申告期間中は税務署は大混雑して、相談や作成サポートを受けるには数時間並ぶケースもあります。

 

不安があれば初回は税務署で相談しながら書類を作成して、2回目以降は自宅で書類を作って提出のみ行うかe-TAXを利用すると良いでしょう。
e-TAXはパソコンとネット環境のほかにカードリーダーが必要です。(安いもので千円前後で売られています)

 

税務署スタッフは競馬に関する利益の知識を持っていないことがほとんどです。
利益が大きくて不安のある場合は税理士に相談して申告するとよいでしょう。